PCB混入分析や精密機械加工など生産現場の必須知識

作業員

悩みを解消

作業員

精密機械加工に関することで悩んでいるのなら、対応力に自身のある会社に依頼しましょう。納期や品質、料金、材料や形、サイズ、クオリティーなど、あらゆることに対応してもらえます。

詳しくはコチラ

トレンドを知る

工場

流体解析を行うためには専門的な知識が必要で、常に新しい技術が開発されています。最近ではハードウェアの進化も非常に早く、リアルタイムな解析を行うことが出来る技術も登場しています。

詳しくはコチラ

スキルはやっぱり必要

工場

流体解析は非常に難しい分析分野でも有り、無くてはならないものでもあります。しっかり分析を行う必要がありますが、それには専門的な知識は勿論のこと、多方面のスキルも求められてきます。

詳しくはコチラ

混入を防ぐ

製品の引張試験依頼ならこちらへお任せください!細かなチェックで行っていますよ。実績豊富なので、人気を高めています!

品質が高いプリント基板の製作や設計は専門業者に任せることが出来ちゃうんです!人気の業者があるので必見ですよ。

工具

精密機械加工をするためには高精度のコンピューターなどが用いられます。このコンピューターもバラしてしまえば電子部品の集まりであり、ロジックボードを覗くと様々な電子素子が用いられています。電子素子の中にはPCBと呼ばれる現在では使用も製造も禁止されたポリ塩化ビフェニルが用いられている場合があり、この場合は適切な廃棄処分をしなければなりません。PCBが禁止されてから数十年が経つため最近ではPCBが混入してしまうという事件も少なくなりました。しかし未だに昔使用していたPCBが付着していたり、また電子部品の処分時に電解液が撥ねてしまい、これが別の製造ラインで製造していた機会に付着、また油槽に入り込んでしまうこともあります。こういった事件はニュースにはなるレベルではないですがまだまだあり、完全に無くなるのは数十年必要だろうと言われています。混入することはこれから先段々と少なくなっていきますが、丁度同時期のタイミングで、昔PCBが使われた電子素子が含まれる精密機器が処分される時期でもあります。つまりそれら精密機器が廃棄処分する時にもPCBの処分をしっかり行っていかなければなりません。
PCBは現在厳しく取り締まりが行われています。使ってはいけませんし、昔使用していた場合は適切な分析チェックを受ける必要もあります。そのためPCB分析を行っている専門的な業者も多く登場し、PCB分析といえば生産工場で働いている方にとっては定期的に聞くワードでもあります。実際に分析を行う場合は専門業者に依頼をする必要があり、依頼方法は至って簡単です。専門のサイトから分析依頼をする事ができる業者も多く、比較的安く依頼することが出来ます。一般的にPCBが含まれている可能性があるものとして電解コンデンサやトランスなどがあり、これらを処分する業者や、製造する業者は必ず分析チェックをする必要があるでしょう。

細かい箇所までしっかりと観察が行なえます。マイクロスコープで研究のレベルを上げよう。コスト削減にも役立ちます。

消臭効果もあります!マイクロバブルがあれば嫌な臭いを吹き飛ばすことが可能です。これで近隣からクレームが出ることがありません。