PCB混入分析や精密機械加工など生産現場の必須知識

ジャケット

スキルはやっぱり必要

なぜ流体解析のスキルが必要なのか

工場

流体とは、常温の水や空気のように、はっきりとした形を持たずに流れる性質があるものの総称です。我々の身の回りには多くの流体が存在しています。快適な生活を送るためにはその流れの解析が必要なのです。自動車や航空機の設計だけでなく、効率的な空調設備の設計、熱を溜めこまない電子機器の設計など、流体解析を用いることが多くの場面で求められています。かつては、このような流体解析は専門の技術者に任されていました。しかし、近年では流体解析ソフトの発達などにより、それほど知識がない人でも流体解析を行えるようになってきました。この先、流体解析を専門としていない技術者にも、流体解析のスキルが求められるようになるでしょう。

解析の最低限の知識は必要

最も正確な流体解析の方法は、実験をして流体を観測することです。しかし、それには多くのコストと時間がかかってしまいます。そこで、多くの場合は流体解析ソフトウエアが用いられます。ソフトウエアを用いれば短時間かつ低コストで解析を行うことができます。しかし、流体解析ソフトウエアにも欠点があります。ソフトウエアで計算を行う際、物理条件を単純化することが多くあります。これによって、現実と解析結果に差が出てしまうのです。他にも、コンピュータで計算を行っているので、計算誤差も考慮する必要があります。このように、流体解析ソフトウエアには便手な点もありますが、その反面、欠点もあります。このようなソフトウエアの性質を理解して、解析を行うことが大切です。