PCB混入分析や精密機械加工など生産現場の必須知識

ジャケット

トレンドを知る

流体解析の変遷とトレンド

工場

現代の設計にはスピードと精度がより求められるようになってきました。これに合わせて流体解析を行う為のハードウエアの進歩も劇的なものが有ります。解析も2次元から3次元が主流となっています。また、対象の一部分を抜き出した解析から全体を一度に解析する事がハードウエアの発達により実時間で可能となってきています。これに合わせて流体解析の実施先や機会も増えますので数値計算や構造解析の専門技術者以外が、設計の一部に携わる事が多くなってきます。これらも踏まえてユーザの操作性の向上や解析結果の表示についても高度な専門家以外にも分かり易いものが求められます。更に作業効率も挙げる等で、モデル作成や解析結果表示のプリ・ポスト処理も含めた操作性は重要となります。

どの様に利用するのか

流体解析ソフトの開発には高度な流体解析や構造解析の専門知識や数値計算のノウハウが必要となります。これを初めから開発するのは莫大なコストも掛かりますし、数値計算を最適化して計算時間も掛からない様にする必要もあるのでコンピュータ技術も必要となります。そこで流体解析を行うソフトウエアのパッケージを利用する事になります。流体解析ソフトを販売する会社は研修会等も開いていますので、ソフトの利用方法だけでは無く専門の技術者以外が利用する場合に、役立つ研修も行っている所も有り利用できます。更に流体解析を行うにはモデルを作成してメッシュを切ります。そして流体解析を行った後に、解析結果の表示も行われます。設計は分業して行われるので、流体解析といっても多くの時間を取られるモデル作成を専門にする要員を育成する事も有ります。